ふるさと納税 シミュレーション

以前にも書いてますが⇒ふるさと納税 シュミレーション

ふるさと納税の上限額は、自分であれこれ計算するよりも、ふるさと納税を扱っているサイトにある「ふるさと納税で、損しないのはいくらまでか?」を計算するシミュレーションページを使うのがカンタンでおすすめです。

(例)
さとふる:ふるさと納税控除上限額シミュレーション

ただし、シミュレーションで調べた金額は、「所得税 + 住民税」での節税の合計額です。

確定申告の時の還付金は、所得税のみで計算されているので、住民税の減税分が含まれないために、シミュレーションでの金額より少なくなります。

住民税の減税分は、確定申告後の6月から反映されることになっているので、所得税の還付金よりも節税効果が高くなることが多いです。

ご自分の上限額を確認↓
さとふる:ふるさと納税控除上限額シミュレーション

ふるさと納税 災害支援

ZOZOの前社長・前澤さんが、千葉県館山市へ20億円ふるさと納税ですって。
返礼品は辞退されたとのことですが。

また、こういうニュースも
『氣志團』がリーゼントを隠して見せた、千葉台風被災地ボランティアの “男気”

とはいえ、まだまだこれから。
リンク先の記事にも『復興の見通しはなかなか立たないが。。。』と。

同じ日本で、まだ日常に戻れてない方がいること。
他人事ではなく、自分が被災者になることも、あるかもしれないから。
だから、忘れてしまわないように。

各ふるさと納税のポータルサイトにて、災害支援いまだ継続中です。

【ふるなび:災害支援】

ふるなび災害支援

【さとふる:災害支援寄付】

ふるさと納税 災害支援寄付

【楽天ふるさと納税】
令和元年(2019年)台風19号 寄付受付
令和元年(2019年)台風15号 寄付受付
令和元年(2019年)九州北部大雨 寄付受付

ふるさと納税 土佐清水市 ロボット

返礼品の進化がすごすぎるw
ITmedia:ふるさと納税の返礼品に、218万円のロボット型ストーブ登場のワケ

記事にもありましたが、まるで鉄人28号(年がバレるw)
高知県土佐清水市:小磯鉄工の返礼品


ロボット型薪ストーブは、お腹部分にオーブン内蔵なのです。
七輪が調理に使えるのは分かってましたが、まさかのストーブまでお料理に使えるのです^^

こういうモノを見つけてしまうと、戸建てに引越ししたくなりますね(笑)
集合住宅で使ったら、確実に怒られちゃうやつですから(*´艸`)

ふるなびさんより、以下↓小磯鉄工さんのラインナップです。
【 BA-1】ロボット型薪ストーブ


【BA-2】ロボット型薪ストーブ(サムライ)


【AZ-1】ロボット型薪ストーブミニ


【AL-1】ロボット型七輪 しち衛門


【AL-2】ロボット型七輪 しち丸

ふるさと納税 楽天 特集いろいろ

【ふるさと納税=返礼品】というのは定番。
ですが、選べるのは返礼品だけではないのです。

『寄付金の使い道』を、寄付した方が選べるのも、ふるさと納税。
せっかく寄付金として納めるのですから、有効に活かしてほしいですよね^^

楽天ふるさと納税で【子育て支援】をテーマに特集してます。
楽天ふるさと納税:選べる寄付金の使い道【子育て支援】

また、【クラウドファンディング】もおこなってます。
楽天ふるさと納税:地域のプロジェクトをみんなで応援【クラウドファンディング】

選ぶ楽しさも、味わってくださいませ(*´艸`)

ふるさと納税 おすすめキャンペーン

ふるさと納税、今年の分は今年のうちに(*´艸`)
〆切は12/31です。

そんな押しせまった年末ギリギリに、ふるさと本舗さんでキャンペーン開始!
10,000円以上寄付された会員さん、先着20,000名さまに1,000円分のビットコインをプレゼント\(^o^)/

こちらのおすすめキャンペーンも12/31までです^^
興味ある方、お早めにどうぞ~

ビットコインプレゼントキャンペーン